妊活中のみなさんは、葉酸を摂取したほうがいいと聞いたことがありませんか?

 

葉酸は妊活中の女性や妊婦さんにとても大事と言われています。

 

どうして妊活中の女性に葉酸が必要なのか、簡単に説明していきます。そもそも葉酸はビタミンB群に属する、水溶性ビタミンです。

 

ほうれん草などに多く含まれていますが、水に溶けやすく、熱に弱いため、食べ物からきちんと摂取するのはとても大変です。

 

この様な特徴を持つ葉酸は、新しい細胞を作る手助けをするという力を持っています。赤ちゃんは受精卵から大きくなっていきますよね?

 

つまり、葉酸は赤ちゃんにとって必要不可欠な栄養素なのです。

 

また、葉酸は赤ちゃんの先天性障害も防いでくれます。例えば、無脳症や二分脊椎症などが挙げられます。

 

でも、それなら妊娠が分かってから葉酸を摂取し始めても遅くないのでは?と思う方もいるでしょう。

 

実は、葉酸は摂取してすぐに効果が現れるわけではないのです。

 

妊娠前からから葉酸を取り入れていれば、いつ赤ちゃんを授かっても安心ですよね。

 

それに、葉酸には血液を作る力もあります。血液がしっかりと作られて体を巡ると、子宮の環境も安定します。

 

子宮内膜が厚く作られることで、受精卵が着床しやすくなると考えられています。このようなことから、葉酸は赤ちゃんを心待ちにしている女性には必要不可欠なのです。