妊娠を希望する女性は、葉酸を摂取するようにした方が良いとよく言われます。

実際に葉酸を飲むことで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐことができるなどの効果が知られています。

 

そのため妊娠を希望するなら、妊娠のおよそ一か月前くらいから葉酸を飲み始めるようにした方が良いとのことです。

というのは、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐためには、妊娠のごく初期に葉酸が十分に足りていることが大事だからです。

 

初期の葉酸がとても大事なのはわかりましたが、では、葉酸は妊娠期間中、いつまで飲み続ければいいのでしょう。

実は、妊婦さんにとって葉酸は妊娠期間中、ずっと取ることが望ましいばかりか、出産後にも引き続き飲むことが求められる栄養素なのです。

 

というのは、葉酸が血液を作り出す能力に大いにかかわっているからです。

 

妊婦さんというのは、お腹に赤ちゃんを抱えている間、どんどん体内の栄養を赤ちゃんに送り出しています。そのためどうしても貧血を起こしやすくなります。

 

しかし、葉酸をしっかりとっているなら、貧血を予防することができます。

 

葉酸には赤血球を作り出す力があるからです。

 

また、出産直後の身体も同じように、母乳を与えるという形で栄養を赤ちゃんに取られがちになるので、ここでも葉酸が足りていることが重要になってきます。

 

葉酸は妊婦さんにとってとても大事な栄養素ですが、妊娠前からだけでなく出産後までもずっとお世話になる栄養素なので、適切に摂取できるよう、サプリなどを上手に活用すると良いでしょう。